インプラント治療の大きなメリット

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることは本当に少ないという点です。一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきだと言えます。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるだと言えます。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それからセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もオイシイと思えます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思って頂戴。仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いだと言えます。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯をつくれるかどうかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。持ちろん創り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術一緒に大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯とくらべても高額になるという所以です。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるでしょう。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが大事だと心得て頂戴。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてサイト上で公開している歯科医院も確実に増加していますので、あれば必ず見ておきましょう。
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療はおわりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいと考えて頂戴。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は高額になることを知っておいて頂戴。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思っています。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかも知れませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないだと言えます。